Img_8da5e741e1e5d72a15c9f6a26ceda1e0
6月より青崎公民館でかんたん料理講座の
レッスンが始まりました。

初回は
・エビとシメジの炊き込みご飯
・ホウレン草の白和え
・ブリの照り焼き
・チーズムース

えぇ~白和えとか、簡単そうでない(^_^;)?
そんなことないですよ。

かけなきゃいけない手間はかけ省ける手間はバッサリ。
が佐々木流。
今回は基本ということですり鉢使って基本通り
作りましたが忙しい時にはすりごまとボウルでOK.
ホウレン草のかわりに豆苗を使うと手軽に作れます。

Img_b7d108c04214704123805a7acfb28a55
固くなりがちなブリの照り焼きも焼くときに
クッキングシート使うことで焦げ付くこともなく、
ふっくら柔らかに~。(^^)クシシ

コツが分かって料理のハードルを下げるのが
私の役目(^^♪

今日は第2回目。
お魚をさばくレッスンです。
Img_660d80da072b45ac6552e60acfdbc397
6月より3回シリーズで初心者向け講座を
開催します。
公民館主催なので参加費無料で、材料費のみ
初回に3回分まとめていただきます。
(¥800×3=¥2400)
人気の講座ですぐ満席になるそうなので
お近くの方はぜひ~。

6月27日(水)
しめじとエビの炊き込みご飯、白和え、ぶりの照り焼き、クリームチーズのムース

7月 4 日(水)
ごはん、なめろう、魚のだんご汁、抹茶ムース

7月11日(水)
パエリア、夏野菜のジュレスープ、レンズ豆のサラダ、ティラミス

会 場:青崎公民館 2階・実習室

定 員:16名

持ち物:エプロン、ふきん2枚(食器拭き用)
手ふき、三角布

その他:託児はありませんが、小さいお子様連れでの
参加希望の方は、申込時に職員までご相談ください。

申し込み:青崎公民館 電話 281-3802


Img_ea9f884b5098cd06a9c9d027b29e530a
Img_40fef04e4f8b2c1f0e048cce74d791de
Img_2f3fa687e43e8b2359ffb8fff5533edd
Img_c827f15c03db0e15f2516027d2b10723
Img_b3f07d486042e67e52ed6563476e06d0
Img_c645f99587586189637c61ea5a39f0d5
Img_717b0998b40bdcfb796f3329b55929cd
Img_2ab0c29c4df5db949e918fcc6118f0af
GWも終わりましたね。

子どもも学校に戻り、ため込んだお仕事を~
と思うのに頭はまだ休みぼけ気味。

忙しい時に限って仕事以外のことが
したくなる(笑)。

自宅近くの土手に桜の木があるのですが
なぜかそのうちの2本だけがさくらんぼの木。

毎年たわわに実をつけるのですが、
甘みが弱く、少し渋みがあるせいか
とっていく人も少なく…。

そのままポロポロと落ちていくのを
見ていると、もったいなくてごっそり
とってきました。

とはいってもそのまま食べても甘くないので
種を取ってジャムに。

長く保存する気はなかったのでお砂糖の量は
サクランボの量の40%にしました。

砂糖とサクランボを鍋に入れて火にかけると
サクランボから水分が出てきます。

沸騰すると泡が出てきますがそのとき
泡に薄い黄色や灰色がった色ががついていたら
それはアク。

これが渋みのもとなので、丁寧に取ります。

くだものによっては酸味が少ないものもあり、
酸味が足りないとうまくトロリとしたジャムに
ならないのでレモン汁などを足します。

酸味があってもペクチンの少ないもの
(なしや柿)もジャムになりにくいです。
ペクチンは製菓コーナーで販売しているので
少し足すとろみが付きやすくなります。

煮詰め具合は好みなのですが、
しっかりに詰めたほうが保存性は良くなります。
フレッシュ感が欲しい時は短めに。

しっかり洗ったビンに詰めて完成。
このとき、ビンを煮沸するとなおよいのですが…

めんどくさい(笑)

という方はぬれたまま、レンジで加熱しても
簡易な消毒ができます。

とても熱くなりますので取り出しには
注意してくださいね。

フフフ~できた。ジャム。
でも仕事は進まず。

さぁ頑張ります~。
Img_668324cd29cced712988ac3e4a5fe01b
少し前になりますがキッチラボのメンバーと
大塚製薬様で打ち合わせをしてきました。

私たちが『豆推し料理研究家』ということから
『大豆』つながりで一緒に何かやりましょう!
というお声をかけてもらいました。

そんなご縁もあるんですね~(^^;)

具体的には夏くらいからだと思うのですが、
とりあえず大豆ということで『ソイジョイ』を
あるだけ種類を食べてきました。

栄養補助食品はお勤め時代には結構食べましたが
ずいぶんご無沙汰。

味も食感も進化してしますねぇ。
大豆イベントが決まりましたら、こちらでも
発信していきます。
Img_25366a4eb6ef3fd4c120fa61a94e9467
Img_e145d89b52efd424a747b7053696d656
Img_0effce11e1df1b897c43c5c14378c731
アサリのシーズンも到来。

井口漁協のみなさまと潮干狩りに。

八幡川の河口は潮が引くと広い干潟になり、
広島市内では珍しなったアサリがとれるエリア。

…とはいっても天然そのままではなく、
シーズン前に稚貝を撒き、食害に合わないよう
ネットをかけておいてくださったもの。

4cm近くまで育ったあさりがゴロゴロ出てきた。

鮮度いいうちにさっそく食べたいところですが、
たくさん砂を吸っているので砂抜きをします。


[砂抜きのポイント]

①一番簡単なのは海水も一緒に持って帰る方法。
 アサリと一緒のバケツに入るか、空いたペット
 ボトルに入れて持って帰ります。

 ないときは海水くらいの塩水を作ります。
 塩分濃度3%なので
 1カップ(200ml)+6g(小さじ1)

②浅めの容器にアサリと塩水入れる。
 深いとアサリ同士が重なって、上のアサリの
 砂を下のアサリが吸って、砂抜きにならない(^^;)


③新聞などをかけて薄暗い状態に。
 あさりがいるのは砂の中なのでそこに
 似た環境に。
 砂を吐くとき海水も吐くので、
 いらない紙を置いておかなないと周りベタベタ。

④常温で2~3時間。
 保存を考え、冷蔵庫でやると寒くて吐きません。
 アサリがいた海水と同じくらいの温度が
 ベター。

 そのあとは冷蔵庫で保存します。

ポイント守って砂抜きすれば、食事中に砂噛んで
イヤな気持ちになることもなしヽ(^o^)丿

買ってきたアサリも砂が残っていることが
あるので同じようにしたほうがおいしくなりますよ~。
Img_58375cff27a5dd3b5f8b37f00fb12217
[アサリの簡単レシピ]

アサリのナンプラー蒸し

材料(4人分)

アサリ     300g(砂抜きしたもの)
唐辛子     1本
ニンニク    1片
酒       大1
ナンプラー   小2


作り方

①ボールにアサリを入れ、塩小1(分量外)を入れて、殻と殻をこすり合わせて洗う。
 ニンニクは芽を取り、薄切りにする。
 唐辛子は2つにちぎって種を取る。

②フライパンに材料を入れて、ふたをする。火にかけて、アサリの殻が開いたら火を止める。