Img_f1123aa3f9ae2cf8eb27cf7a9c5ef893
Img_da18338813c752243ee9218b666a564f
地元には「さつま」と呼ばれる郷土料理があります。
魚とゴマをすりおろし、みそ、ネギなど合わせた
和風ツナのような料理でご飯にのっけていただきます。

私はもともと香川出身なので全く知らなかったのですが
広島にきて、ちょっとしたご縁から関わらせていただく
ようになりました。

この料理見た目はすごい地味なのですが、味はピカ一。
素朴なゴマとみその風味にほのぼのとした気持ちになります。
ぜひ子供にも作り継いでいってやりた~いと思うのですが、
町内でも知っている人はほとんどおらず、
70歳代で知っている人もいるけど少数派~という感じ。

これではいかん。消滅まで風前のトモシビ~(・_・;)
料理にかかわる仕事なんやしこれも何かのご縁と
研究会を立ち上げ、活動しています。

レッスンでお出しすることはないと思いますが、
もし関心があればお知らせください。
写真付きのレシピをお渡ししますので~。

機会があればたくさんの方に食べてほしいです。
Img_62dbe03287e7092bc0716de1d3deb975
Img_7e8e40535f955e44f0faa4bab80ff017
Img_5eb237ec5cd1ece83235f124b1211d10
毎月1回白扇酒造様のブログでレシピを
提案させていただいているのですが
今月は今話題の「つくり置き」
「つくおき」という本も出るくらい
常備菜が見直されています。

白扇酒造様サイト (Click!) ←ここをクリックしてください。

平日は何かと忙しくて料理をする時間が
ないけど、買ってきた惣菜はちょっと~(^^;
という方は土日の時間あるときにまとめて
作っておこうよ♡という考え方。

作っておいて日持ちして、結構便利なのが
『肉みそ』ひき肉にみそやしょうゆ、みりんなどで
甘辛に味付けしたもの。
これを作っておくと、肉みそ丼にしたり、
春巻きの具にしたり、中華スープに利用したり、
炒飯の具にしたり・・・と展開がググッと増えます。

え~この肉みそ作る時間がないし。

という声も聞こえそう(^^;)
大丈夫です。10分かかりませんから。

お忙しい方こそ、お試しくださいませ。
Img_90add23b23d41f39baad687f5685946d
ふっくら煮あがった豆(^^)
Img_e9575d8951407d61d0e2fe705dd3eb39
今年はミンサーを利用。

例年みそ講座は1月~3月に開催していますが、
今年は告知が遅れて仕入れていた材料が
余ってしまった…(;^ω^)

なので時季外れですがGWに自宅用として
仕込んでいます。
1.5㎏の豆をふっくら煮てから潰して、
麹、塩と合わせます。

潰す道具はすり鉢やフードプロセッサーなど
なんでもいいのですが今回はミンサーを
使ってみました。
(ミンサー=お肉をひき肉にする道具)
これもすいすい潰れるので味噌つくり向きかも。

麹と塩を合わせて6㎏の味噌が完成。
これでだいたい半年分くらいになります。
11月ごろが食べごろ。
カビませんように~(>_<)
Img_5effbea180bdd40bb354f8b97e5e442c
『5月レッスン更新しました!』

とお知らせしながら『次回のこと』にレッスン内容が
あがっていませんでしたぁ~(゚Д゚;)

サイトを見に来てくださったみなさま、
ご迷惑おかけしてすみませんでした。

5月レッスンの内容を表示いたしましたので
よろしくお願いいたします。
Img_91461b48a38aa12d51168b2348146ff0
手作りツナ 試作中(^^♪



5月のレッスンのテーマは『パサパサしない』

鶏の胸肉やささみがパサパサしておいしくない・・・。
煮魚が味が染みこんでないうえにパサパサする・・・。

料理中にときどきぶつかる『パサパサ』
たんぱく質の多い食材(肉、魚)に起こりやすいですが
加熱温度と時間に大いに関係します。

たんぱく質は加熱すればするほど縮む性質があります。
縮むとき中の水分が絞り出されて、結果として
『パサパサ・・・( ノД`)シクシク…』になりますので
どのくらいの温度ならパサつかず、しっとり仕上げる
ことができるのかお伝えしたいと思います。

ささみのジューシーさにビックリされることでしょう(予定)

ささみや鶏むね肉は高タンパク低カロリーで低価格。
メリット多い、素敵な食材なのでぜひとも
おいしく召し上がっていただきたいです。